【保存版】マット・カーンによるアセンションに関する記事

2015年9月に配信された、アメリカのチャネラー マット・カーンの記事の和訳をシェアします。

現在マットのサイトで原文のページが見つけられずリンクできないのですが、和訳は2015年に私が行いました。

アセンションとは

心(気持ち)を軸とした統合意識 (ユニティ・コンシャスネス)である5次元世界へのシフトが進んでいる今、アセンションに関する誤解や迷信を解いておきたいと思います。

アセンションは肉体を持つ生命体すべてにとって、もっとも神聖な宿め(さだめ)です。

アセンションとは、古(いにしえ)より多くの預言者やマスターたちが予見してきたような「ひとつの文明全体が精神的な進化を遂げ、あるとき別次元に移行する歴史的瞬間のこと」を指しているのではありません。

このような解釈はアセンションという言葉の真意を理解していないときに生じる誤解の一つです。

実際のアセンションのプロセスはかなり長引きます。

とりわけ待ち望んでいた5次元パラダイムへ移行していく際に、卒業したいと望んでいた3次元世界と同じような激動や困難を感じ、混乱したり苛立しくすら感じることがあるでしょう。

  1. 思考
  2. 感情
  3. 行動

3つの波動を引き上げるための新しいエネルギーとしてアセンションを捉えれば、物事を思い通りにコントロールしたい欲や、引き寄せの法則に関する数々の誤解を手放すことができます。

「何とかしよう」「うまく行かせよう」という欲を手放した時、私たちは宇宙の流れと同調します。

目の前にある状況は、魂の成長と進化に必要な最善かつ最高のカタリシスとして現れてきます。

その状況を自分の力で何とか「うまく(思い通りに)」行かせようとする欲を手放し、委ねるのです。

これが自分を明け渡す(サレンダー)ということです。

個人的な望みなどどうでもよいということではありません。

むしろ、自分の一番高い波動へアンカリングすることにより、ベストな人生が自ずと展開し始めるのです。

ハイヤーセルフと同調していくと、運命を追いかける必要がなくなり、自分の元に引き寄せるようになります。

ひいてはそのことが、他者の覚醒を助けることに繋がっていきます。

ヴォイド

5次元世界では、新しい仕事、豊かさ、新天地での生活、溢れるばかりの健康、新しいパートナーとの出会いなどが実現するかもしれません。

ですが、こうした事柄が起こったからといって、5次元意識に移行したのだと勘違いしてはなりません。

5次元移行へ移行していく間のステージを、ここでは「大いなる不在」(Void)と呼びたいと思います。

高いところと低いところ、あるいは浮き沈みといった波に振り回される3次元と違い、5次元は両極(二極)のバランスが均衡します。

3次元意識の世界では高みを目指す傍ら、波動の低い要素を忌み嫌う傾向があります。

悲しみが嫌だから幸せを求めたり、恐れや不安から逃れるために実態のない安全や安定を求めたりします。

こうした傾向が私たちの人生を通して両極性を強めてきました。

そしてある時点で内面世界へ向き合うことに誘(いざな)われるのです。

関連記事

  1. 「戦わない」人は不平不満も言う資格がない

  2. バシャールの言葉

  3. 主体的に生きるために言葉を正確に使う

  4. 【潜在意識の書き換え】ホメオスタシス(現状維持)の例と乗り越え方

  5. 本当の自分を探るワーク

  6. 【女性向け】陰陽バランスが均衡した女性像

  7. 心の重荷を下ろして楽に生きるために

  8. 【保存版】潜在能力を引き出す方法