怖れを乗り越えるとはどういうことか

怖れを乗り越えるとはどういうことか。

たとえば、自転車に乗れない人が、自転車に乗れるようになりたいと願う。

自転車に乗れるようになれば、きっと世界が広がる。

今まで行けなかった場所へも、行けるようになる。

楽しいだろうなぁ。

乗れるようになりたい。

でも、乗れるようになる前に、何度も転ぶかもしれない。

痛い思いもするかもしれない。

身体に擦り傷ができるかもしれない。

それは嫌だ。

この怖れがあるときに、人は前進できません

「そんな思いをするくらいなら乗れなくてもいいや」という状態

しかしいずれ、「もっと広い世界を見てみたい」という欲求は、抑えがたいほどに膨らんできます

それに伴い、「自転車に乗れるようになりたい」という気持ちも大きくなる

なぜなら、私たち人間には、「成長欲求」が備わっているから。

内面が健全な人であれば、いつまでも三輪車に乗っていたいとは思わないもの。

痛い思いをしてでも「やりたい」気持ちが上回ったとき、人は怖れを乗り越える方向で動き出します。

「怖れを乗り越える」とは、「何度も転んで痛い思いをすること、身体を擦りむくかもしれないことを、受け入れる」ということ。

「傷つきたくない」というのは、子供っぽいナンセンス

人間として生まれた以上、一つも傷つかずに生きられる人はいません。

生きるとは、傷つくことを意味します。

「転びたくないから、自転車には乗りたくない」と言うのと同じこと。

自転車に乗れるほどの「バランス感覚」を養うために、何度も転ばなくてはなりません。

何度も転ぶうちに、身体のどこにどれくらい力を入れればバランス感覚を保てるのか、体感でわかるようになります。

そして最終的には、一人で自転車に乗れるだけのバランス感覚を「体得」する。

怖れを乗り越えるとは、自分の痛みを自分で背負う覚悟を決めること。

その覚悟ができたとき、人は大きく成長します。

クローズドの情報や個別セッションの割引情報などは 無料メルマガ 内でお知らせします。

© 当サイトの文章およびロゴや商標の著作権は当サイトが所有しています。許可なく無断転載することを固く禁じます。

関連記事

  1. 【保存版】「自分軸で生きる」ことと「わがまま」の違い

  2. 私が自分の生き方を思い出すまで

  3. 「ありがとう」と言われることを目標としてはならない -人間を本当に満足…

  4. 人生における「成功」とは?

  5. 世にあって世の物にならない生き方

  6. 本当の気持ちに素直に生きる

  7. 自己実現とは本当の自分を生きること

  8. 「好きなこと」や「やりたいこと」の意味