怖れを乗り越えるとはどういうことか

怖れを乗り越えるとはどういうことか。

たとえば、自転車に乗れない人が、自転車に乗れるようになりたいと願う。

自転車に乗れるようになれば、きっと世界が広がる。

今まで行けなかった場所へも、行けるようになる。

楽しいだろうなぁ。

乗れるようになりたい。

でも、乗れるようになる前に、何度も転ぶかもしれない。

痛い思いもするかもしれない。

身体に擦り傷ができるかもしれない。

それは嫌だ。

この怖れがあるときに、人は前進できません

「そんな思いをするくらいなら乗れなくてもいいや」という状態

しかしいずれ、「もっと広い世界を見てみたい」という欲求は、抑えがたいほどに膨らんできます

それに伴い、「自転車に乗れるようになりたい」という気持ちも大きくなる

なぜなら、私たち人間には、「成長欲求」が備わっているから。

内面が健全な人であれば、いつまでも三輪車に乗っていたいとは思わないもの。

痛い思いをしてでも「やりたい」気持ちが上回ったとき、人は怖れを乗り越える方向で動き出します。

「怖れを乗り越える」とは、「何度も転んで痛い思いをすること、身体を擦りむくかもしれないことを、受け入れる」ということ。

「傷つきたくない」というのは、子供っぽいナンセンス

人間として生まれた以上、一つも傷つかずに生きられる人はいません。

生きるとは、傷つくことを意味します。

「転びたくないから、自転車には乗りたくない」と言うのと同じこと。

自転車に乗れるほどの「バランス感覚」を養うために、何度も転ばなくてはなりません。

何度も転ぶうちに、身体のどこにどれくらい力を入れればバランス感覚を保てるのか、体感でわかるようになります。

そして最終的には、一人で自転車に乗れるだけのバランス感覚を「体得」する。

怖れを乗り越えるとは、自分の痛みを自分で背負う覚悟を決めること。

その覚悟ができたとき、人は大きく成長します。

メタフィジカル・スクール

難しい用語をわかりやすく解説する無料動画コンテンツ。

関連記事

  1. 人生に意義をもたらすためにできること -その1-

  2. 「魂の声」v.s.「エゴの声」

  3. 【保存版】潜在能力を引き出す方法

  4. 「自分がない」人が自分を取り戻す第一歩

  5. 16パーソナリティ診断

  6. 成功律

  7. コンフォートゾーンから抜け出すことで成長する

  8. 「〇〇したい」v.s. 「〇〇したくない」 -誤解と勘違い-