男性性を鍛える40日チャレンジ

男性性とは簡単に言えば「男らしさ」のこと。

「行動」(Do)に根差した力でもあり、3次元世界を安全に着実に生きていけるために必要な力です。

  • 取捨選択力や決断力
  • リーダーシップ
  • 博愛と平等精神
  • 逞しさや肉体的な力
  • 弱い者を守る力
  • 克己心
  • 父性
  • 愛したい欲求
  • 外側に向かう欲求

健全な男性性を発揮できないと、人生は暗礁に乗り上げてしまいます。

日本人はとくに父性に欠ける民族と言われます。

父性は男性性ですが、それが欠落しているが故に、自分と他者との間に健全な境界線を引けないとか、人生の責任を自分で負えないなど、様々な問題が生じています。

女性こそ男性性を鍛えなくてはならない

健全な男性性を持たない女性は、共依存になります。

自分で自分を守ることができず、他者に迎合して自分を見失ったり、相手の言うがままになって自分を損なうような生き方をしてしまう。

自分で自分を守れる力は男性性によるもの。

日本人の女性はとくに男性性が「ない」人が多いので、とくに女性にこそこのコースをお勧めしたいです。

40日間チャレンジ

男性性を鍛えて行動力・取捨選択力を上げるための、40日に渡るトレーニング・メニューです。

  1. 最初の10日間:先延ばし癖の克服
  2. 次の10日間:取捨選択力を身につける
  3. 3回目の10日間:決断力を鍛える
  4. 最後の10日間:行動力を鍛える

各10日ごとワークの内容が変わります。

ワークはPDF(計4つ)でもダウンロードしていただけます。

ワークの一つ、「先延し癖」自己放棄の一種です。

私たちは、多かれ少なかれ誰しもこの傾向を持っています。

要因は多々ありますが、わかりやすいもので言えば「男性性の抑圧」です。

幼少期に両親が暴力的・支配的に振舞っているところを目の当たりにし、「自分はあんな風になりたくない」と思い、「男らしさ」を封印してしまうことはよくあることです。

問題は、「負の男性性」を抑圧してしまうと、健全な男らしさも発揮できなくなってしまう点です。

必要な行動を起こし、力強く前進していける推進力は、健全な男性性

まずは、ご自身のパターンを振り返って、先延ばし癖があるかどうかを確認してみてください。

なお、このワークブックは SAP自己統合オンライン でもお付けしています。

関連記事

  1. 【引き寄せの法則】望まないことを引き寄せるとき

  2. 【保存版】新しい時代の「人生の目的」3つ

  3. 【保存版】マット・カーンによるアセンションに関する記事

  4. 「性」に対する嫌悪感は第二チャクラの機能不全

  5. 困難な状況はなぜ起こるのか -実用的エクササイズ-

  6. 【引き寄せの法則】「どうやって」は潜在意識(宇宙)に任せる

  7. 【保存版】潜在能力を引き出す方法

  8. セルフイメージの書き換え -日常的にできること- その1