【保存版】潜在能力を引き出す方法

潜在能力とは、まだ開発されていない(体現されていない)自分の能力のことです。

横文字でポテンシャルと呼ばれるものです。

人生の後半に入ってから潜在能力が開くことも多々あります。

自分の潜在能力を知る一番てっとり早い方法は、ポジティブ投影を知ることです。

投影とは心理学用語で、自分の中にあるのに、自分のものとして認めていない要素」を他者の中に見出す現象のことです。

投影にはポジティブ投影ネガティブ投影があります。

ポジでもネガでも、投影を統合することで、より全人格的に生きることができるようになります。

そしてポジティブ投影を積極的に統合することで、自分のポテンシャルを開いていくことができます。

この記事では、「投影の仕組みを使って潜在能力を引き出す方法」について詳しく書いてみたいと思います。

関連記事:

関連記事

  1. 【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

  2. 成功律

  3. 女性が自立するために取り組む具体的な事6つ

  4. 自分が1000%満たされる人間関係と仕事の断捨離

  5. ライトワークを進める上で必要な心得

  6. 男は女を通して、女は男を通して「進化」する その2

  7. 本当の自分を探るワーク

  8. 怖れを乗り越えるとはどういうことか