【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

アセンションのプロセスにおいては、「執着を手放す」ことが必須課題で入ってきます。

そのような文章を読んで、「ふむふむ、そらそうだわな」と「わかったつもり」になっていても、実際には何にも身に染みてわかっているわけではありません。

実際に、「手放そう」と思って手放せるほど、執着は簡単なものではありません。

「手放そう」と思うこと自体がすでにエゴであるというアイロニーをはらんでいるからです。

イニシエーションとは

イニシエーションとは、何かの境地に到達するために通過しなくてはならない「通過儀礼」のことを指します。

この記事では、アセンションのプロセスにおいて、私たちが執着を手放すために通過するイニシエーションについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 【保存版】バウンダリーとは -境界線を引く-

  2. プロセスを歩む上でぶつかる様々な誤解

  3. AIとGAFAMに乗っ取られず自分を生きるために

  4. 世界の広さを痛感した「海外で遭遇するカルチャーショック」

  5. 「愛」は意識的・能動的に選ばなくてはならない

  6. トランスミューター向け誘導瞑想

  7. 3次元の仕事=自分の価値じゃない

  8. 良い人のフリをしても幸せにはならない -日本人が生きづらい理由-