【保存版】執着を焼き払う数々のイニシエーション

アセンションのプロセスにおいては、「執着を手放す」ことが必須課題で入ってきます。

そのような文章を読んで、「ふむふむ、そらそうだわな」と「わかったつもり」になっていても、実際には何にも身に染みてわかっているわけではありません。

実際に、「手放そう」と思って手放せるほど、執着は簡単なものではありません。

「手放そう」と思うこと自体がすでにエゴであるというアイロニーをはらんでいるからです。

イニシエーションとは

イニシエーションとは、何かの境地に到達するために通過しなくてはならない「通過儀礼」のことを指します。

この記事では、アセンションのプロセスにおいて、私たちが執着を手放すために通過するイニシエーションについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 目標達成への最短ルートは「最終目標」を「知る」こと

  2. 【保存版】潜在能力を引き出す方法

  3. 社会が変わらないのは人が変わらないから

  4. 【保存版】バウンダリー -境界線とは-

  5. 「周りに迷惑をかけてはいけない」という承認欲求を手放す

  6. 「戦わない」人は不平不満も言う資格がない

  7. 税金を払いたくない人が読むと「喜んで払いたくなる」記事

  8. 【保存版】日本から「世界のリーダー」が生まれない最大の理由 -緒方貞子…